Bagatelle ― please,take a breath of fresh air.
バガテルは、クラシック音楽でピアノのための性格的小品の一つ。 「ちょっとしたもの、つまらないもの」といった意味である。
 名称からして、大曲の作曲過程でこぼれ落ちた楽想や、ふとした思いつきで手すさびとして書かれたものという意味合いが強い。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
母と祖母の記録、残り。 09:14
0
    記録つづき。
     2010/9/4 2:15

    【おつかれ】

    頭の中が、ふらふら くらくらする。
    今、この瞬間 とても寂しくて、とても苦しくて。
    ひとりになりたくないけど、なぜかどうしようもない。

    笑う自分に違和感を覚える。
    乗り越えようとする自分にも違和感を感じる。
    なんでそんな一生懸命にならなきゃいけないんだ。
    わたしはそんなに、強かったか?

    お母さんが死んだとき
    それから以降も
    これ以上辛い事なんてないから
    だからがんばろう、乗り越えようって
    そう思ったはずだったんだけど。

    重ね重ね?
    ダブルパンチ?
    何かは分からないけど
    それ以上の辛い事に発展してしまったね。

    それでも、ずっとずっと前を向き続けるためにも
    わたしなりのどん底を直視させてくださいな。



    当然ながら死ぬまで続いた、死に逝く人間の姿
    後悔しないためにも、最後まで目に焼き付け
    母からも、祖母からも、たくさん学んだ。

    そしてまた感じた、死んだ人間
    冷たい死体の肌

    また見た、無機質な白黒の死亡届
    通夜葬儀の見積書
    遺影の飾られた祭壇
    たくさんの花

    また着た喪服

    また拾った、白い骨

    また毎日見る、家に飾られた遺影
    絶やさずに灯し続ける線香の香り
    毎週続くお勤めにお経

    無情に変わり行く季節

    妙に手馴れた自分や家族



    めちゃくちゃつらい
    死ぬ前から
    死んだ瞬間も
    死んだ後まで
    いつまで続くのか分からない苦しさと
    当たり前に流れる、優しくて冷たい時間
    そこを生きる、わたし

    ただただ、つらい。




    コメント

    • にゅんぺけ

      にゅんぺけ2010年09月04日 06:47 削除
      ほんの少し前まであったあたたかいものが
      冷たくて無機質な物体に変わる。
      事務的なときが流れてってすごく残酷です。

      だからこそ人のいのちは尊くて優しくなれる。
      そんな風に思えるときがあります。
    • yura

      yura2010年09月12日 03:57 削除
      >じゅんぺけさん

      ホントにその通りだと思います。
      もっと言うと、死ぬために生きてるようなもので。
      死を意識してはじめて、強く生きられるのかな・・・。

    | life | comments(0) | - | posted by yura
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>